ちばさなえ
Img_07c2a0a369029108a18a64584122e80f
Img_940de85ce72699b9d9b3451413e94cf9
Img_d916b0996bcfb857d9d36da8d958f600
春がやってきました。そして久しぶりに個展を開催しております。
4月2日〜16日まで前橋のアートギャラリーミューズさんで開催中です。
毎年参加しているリトルクリスマス展でお世話になっているギャラリーです。
思い切って営業に出かけたところ、無事に開催していただけることになりました。
オーナーの松村さんありがとうございます!

昨年出版された「絵の本こんにちは世界」の原画に加え、過去5年くらいの作品を一堂に展示しております。絵の本は特装版の版画付きで販売しております。
皇帝ペンギンのこどもの誕生から旅たちを描いております。版画は大人になった姿です。

2日にはパーティーもあり、ミューズさんの常連のお客様が来廊され、熱心に絵を眺めていたり、どんなきっかけで美術に興味を持ったのかなどなど色々お話できました。
生活の中で美術を楽しんでいる方がいるということが何より嬉しいです。

私も引っ越してから自宅に絵を飾るスペースができたので、飾るようになりました。
毎日見ていても飽きることなく、いつも変化があるような気さえします。
自分の作品がどなたかのそうゆう存在になるといいなと思っています。

Img_16f4cb82643b5d3dd39906bb3aec5e08
Img_3168b2d8da541bc8263e159401d42127
Img_07f4dbb6eb158a699489c0cd3dce3d4d
Img_0d822a4186620253199c6d001b861e61
明日、誕生日なんです。待てずにケーキを買ってきました。
気がつくともう32歳です。厄年、大殺界ももうすぐ終わりです。

この歳の自分の姿を小さな頃は想像出来ず、想像しようとすると、なぜか具合が悪くなってました。今思うと、情報がなさすぎてよくわからなかったのだろうと思います。今も数年後を想像することは出来ませんが、こうだったらいいなーと思うことはあります。
年々、まさか自分が!と思うような事が起きているので、どうなるかはわかりませんね。
明日もいいことありますよーに!
夢綴りのご紹介も兼ねて、今日は作品について書きます。
夢綴りは12の物語から構成されています。
12のテーマはこちら↓
Ⅰ.鳥
Ⅱ.鯨
Ⅲ.海
Ⅳ.船
Ⅴ.人
Ⅵ.砂漠
Ⅶ.樹
Ⅷ.野うさぎ
Ⅸ.草原
X.馬
XⅠ.街
XⅡ.湖

それぞれに物語があります。そちらはぜひお手にとってご覧下さい!
全国各地で絶賛開催中です!
 (Click!) 

私は鳥からの鯨、うさぎからの草原、街からの湖を担当しました。普段モチーフにするものから大きく離れることはなく、すんなり受け入れられました。
文章をほんのり脳みそに残しながら下絵は直ぐに完成。第一印象をそのまま絵におこしました。何度も書き直すよりその方が素直に最後まで出来るのです。

そのぶん、何かしら物足りなさはあるかとは思いますが、そこは何度も見ていくうちに、時間の経過と共に補われていく部分だと自分では思っています。しかしながらそんなお付き合いが出来る方はなかなかおりませんが…。不完全なものとして完成度をあげることがいつも課題です。

取り掛かる上で、幾つか課題がありました。まず、使用する紙がハーネミューレだったので、普段和紙を使っている私は何に刷るか悩み、銅版画やろうかな〜とも思いまいた。結果透けるくらい薄〜い和紙にすり、それを貼りました。今回使用した和紙はうっすらと水色なんです。

使用した糊もでんぷんのりで一から作りました!余ったら食べられるくらい自然な糊です。天ぷらにすると美味しいそうです。
どうやって、和紙を貼るか…。これは真ん中に曲げずに貼るのは至難の技でした。。見当つくってやりましたが、大変苦しい作業でした

和紙と洋紙の伸縮率の影響も気になるところでしたが、なんとかうまく行きましたヽ(´o`;

このやり方が案外しっくりきたので、今年のリトルクリスマス展の作品も薄い和紙に刷ってから貼り込んでいます。
個人的には、のりがつかなかった部分がぷくっと空気が入ったようになるかんじも好きなんですが、失敗みたいに見えるのでそこは避けました(笑)
いつかそんな感覚も作品にしたいなと思います!


そんなこんなで、12月12日(土)はAzabujuban Gallery ( 東京 / 麻布十番 )http://azabujuban-gallery.com/でワークショップ&夢綴りメンバーのトークショーがございます!まだ若干の空きがございます。きになる方はぜひ!

次回は担当した仕事について書きます。
もうすぐクリスマスですね。版画なんて大人のプレゼントにぴったりだと思います。

Img_6b261c229ee1d358dd08836f553fa1b1
「Ⅸ.草原」です
Img_8c3b945596ee79f2f4bf7ebe815cfafd
薄い和紙です。ほんのり水色です。
Img_dfc3d968b44833e7e6759739d446c785
こんなに透けます!
Img_0720e006f3ec1ec97bb3d7c6bceb3da7
Img_afba9bf1118994c986e5375103a131f7
12月はイルミネーションですね!
とてもすきです!

光りものは観察しがいがあります!
Img_79f7672dba6c2eb8f71ee8fdb29ecd01
使用する道具と、ノート。
リトルクリスマス展の会場でもあるAzabuyuban galleryにて夢綴りの作家によるワークショップがあります!

夢綴りの外箱に使用された素材を使用し、クロス製のノート作りを一から体験出来るワークショップと夢綴りの制作秘話を少しお話しします。5名の作家が繰り広げるトークは如何に!?

事前申し込み先着順となっておりますので、気になる方はお早めにお申し込み下さい。製本の技術を学んだ山口茉莉氏がメイン講師となりますので、製本に興味のある方など奮ってご参加下さい!
その後はリトルクリスマス展の作家と話そうパーティがございますので、お時間が許す限りお付合いいただければと思います。今回は沢山作家が集まる予感がします。気になるあの作家にお会い出来るチャンスですよ。

【イベント詳細】
①「クロス製のノートを作ろう!」 & Project Pod 2「-物語集- 鳥から始まる12の夢綴り」制作秘話(二部構成)
■12月12日(土)14:00~16:00
■参加費:1,000円(材料代込) 
■募集人数:10名(先着順)
※ご希望の方はギャラリーのHPからお問い合わせにメールまたはお電話にてお申し込みお願いいたします。
HP: (Click!) 
TEL:03-5411-3900
②「作家と話そうパーティ」■12月12日(土)17:00~19:00
 ※こちらは自由参加です。